2018年07月11日

永眠

今日、出社したら訃報のFAXが入っていました。取引先H社の専務39歳でした。
このところ死について思う事は短いから不幸で長生きが幸福ではないと言うことです。どう生きたかが問題です。生老病死は人間が避ける事が出来ない定めとされています。死が不幸であれば人間は何のために生まれてきたのでしょうか。不幸になる為では絶対にないはずです。それを超えた幸福の為だと私は思います。今の宗教との温度差を感じます。
IMG_7741.JPG
posted by JUSTWAVE at 08:55| Comment(0) | 日記